1. 季節によって変わる花粉症の症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
閉じる

秋の花粉症はいつまで続く?

花粉症というとスギ花粉やヒノキ花粉によって引き起こされる春の花粉症が有名ですが、花粉は様々な種類のものが年間を通して飛散しています。
中でも秋はブタクサ花粉やヨモギ花粉が多く飛散する時期でありながら、春と違い花粉症の時期だという認識が少ないため対策が遅れやすく、花粉症の方にとっては注意が必要な時期だと言えます。

秋の花粉と言っても飛散の始まる時期は早く、症状の出やすい方は8月頃から10月くらいまで注意が必要です。
8月も下旬ともなると暑さが和らぎ始め、9月に入る頃には朝晩は肌寒いくらいの日もあるため、花粉症でなくても体調を崩しやすくなります。
そのため体調不良が風邪によるものなのか花粉症によるものなのかの見極めが難しくなりますが、悪化を防ぐためには症状をよく観察して適切な対策をとることが不可欠です。

まず風邪なのか花粉症なのかを見極める場合に最初に確認すると良いのは鼻水の状態です。
花粉症で出る鼻水は色が透明でサラサラしているのが特徴です。風邪の鼻水の場合は透明でも粘度が高くドロッとしていることがほとんどです。

次に症状がどのくらいの期間続いているのかもポイントになります。風邪の場合はほとんどが一週間程度で回復すると言われています。
そのためもしも症状が一週間以上続いているのだとすれば、花粉症の可能性が高いということになります。
他にも朝起きた時にくしゃみが止まらなくなるモーニングアタックとみられる症状があったり、目のかゆみや充血がある場合などは花粉症の可能性があります。

ではなぜ秋の花粉症に特に注意が必要なのでしょうか。その理由は飛散する花粉の粒子の大きさにあります。
春に多く飛ぶスギ花粉は粒子が大きいため鼻の粘膜に留まりやすく、くしゃみや鼻水といった鼻の症状を多く発症します。
それに対して秋に多く飛ぶブタクサやヨモギの花粉は粒子が小さく、気管にまで入り込んでしまい気管支喘息のような症状を引き起こす場合があります。

春の花粉症など元々アレルギー性鼻炎を持っている方は秋の花粉症にもかかりやすくなります。
悪化させてしまうと回復までにたくさんの時間も体力も使うことになりますので、少しでも鼻がムズムズしたり目のかゆみや充血を感じるなど心当たりのある場合は、秋の花粉の飛散が落ち着く10月頃まではマスクをしたり、花粉を部屋に持ち込まないようにするなどの対策をすることをお勧めします。

気管支喘息の症状について

気管支喘息とは気道が炎症を起こして狭くなり、呼吸がしにくくなっている状態のことです。
気管支喘息にかかってしまうと、発作が起きていなくても健康な人に比べて気道は常に狭いままで空気が通りにくくなります。
常に炎症が起きている状態なので気道がとても敏感になり、少しのほこりやストレスなどちょっとしたことで発作が起きてしまいます。
発作を繰り返しているとさらに気道は敏感になり、ますます些細なことで発作を繰り返すようになってしまうという悪循環に陥ります。

ですからまずは気管支喘息にかからないようにすることがとても重要になります。
現代は環境の変化によるアレルゲンの増加やストレスの増加、仕事の忙しさなどからくる過労、清潔過ぎる住環境などが原因となり、気管支喘息の患者が増えていると言われています。

花粉の飛散もその一つです。
花粉そのものは無害でも、汚染された大気の中を飛散してアレルゲンとなった花粉を吸いこむことで引き起こされる花粉症。
秋に多く飛散するブタクサ花粉やヨモギ花粉は粒子が小さいため、のどや鼻の粘膜ではとどめきれずに気管にまで入り込んでしまうことがあります。

気管支喘息を発症すると咳や痰が出るようになり、息苦しさを感じるようになります。
呼吸をするときにゼーゼーやヒューヒューという喘鳴が聞こえることもあります。
花粉症と同じように風邪との見極めの難しい症状ですが、夜間や早朝に症状が出やすかったり、季節の変わり目や寒暖差の激しい時、ストレスを感じた時や疲れている時に症状が出る場合は気管支喘息が疑われます。
また、一週間以上症状が続く場合も気管支喘息である可能性が高まります。

風邪であれば時間が経つにつれて症状が軽くなっていきますが、気管支喘息にかかり、治療をせずに放置してしまうと気道の炎症が悪化して発作が出やすくなる上に、治療にも時間がかかるようになります。
自分の体をよく観察し、早い段階で適切な対策や治療を始めることが大切です。

おすすめ記事

  1. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. 季節によって変わる花粉症の症状
ページ上部へ戻る