1. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  2. 季節によって変わる花粉症の症状
  3. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
閉じる

ブタクサ、ヨモギ、カナムグラによる花粉症の症状

花粉症は、体内に花粉が侵入することによって引き起こされるアレルギー症状のことをいいます。
花粉は本来体に害のないものですが、花粉症の人の体では花粉を異物と認識するので、体の外に排出しようとくしゃみや鼻水といった症状が引き起こされてしまうのです。
花粉症というと、スギ花粉によって症状が出るものがよく知られています。
そのため春に起こるものというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ですが、花粉症の原因となる植物は一年中存在しています。

ヨモギやブタクサ、カナムグラなどは、秋に花粉が飛散する植物です。
秋の花粉は大体、夏が終わる8月下旬から少しずつ飛び始め、10月頃まで続くとされています。
秋の花粉症は夏が終わって涼しくなる頃に症状が出るので、夏バテや風邪と間違われることも多くあります。

花粉症の症状には、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがあります。風邪との違いは、症状が長く続くところにあります。
花粉症の場合には花粉が飛んでいる間は症状が出るので、数週間から数か月続いてしまいます。
風邪の場合には一週間程度で治まりますし、長引く場合でも数週間といったところです。
風邪と思っていたけれど1カ月以上も症状が続くといった場合には、花粉症の可能性があります。花粉症と風邪との違いは、発熱や食欲などにもあります。

花粉症の場合には発熱することは、ほとんどありません。発熱したとしても微熱程度なので、高熱が出た場合には風邪や他の病気が疑われます。
また、花粉症の場合には、食欲が落ちるといったこともありません。

それから花粉症の特徴の1つに、天候によって症状が変化するといったことがあります。
晴天の場合には花粉の飛散量が多くなるので、症状も悪化します。逆に雨の日などは、症状が出にくくなります。
春に飛散するスギ花粉に反応する人は、それ以外の植物の花粉にも反応しやすくなります。
去年は大丈夫だったけれど、今年から他の花粉にも反応するようになったということもよくあります。

ブタクサ、ヨモギ、カナムグラの生息場所はどこ?

秋の花粉症の原因にはヨモギやブタクサ、カナムグラなどがありますが、その中でもブタクサはスギやヒノキに次いで発症者が多いとされています。
ブタクサは北アメリカを原産地とするキク科の植物で、雑草として色々な場所に生息しています。
ヨモギもキク科に分類される多年草で、草餅や団子の材料として使われています。

また、保湿効果もあるのでコスメなどに使用されることもあります。生命力が強いので、日本全国各地に繁殖しています。
カナムグラはアサ科の植物で、長く伸びたつるが周囲に絡みついて成長していきます。
非常に繁殖力が強く、草刈り機などを使っても簡単に取り除くことができません。
ヨモギやブタクサ、カナムグラといった秋の花粉症の原因となる植物は、野原や道端、河川敷、公園、空き地など身近なところを生息場所としています。

春の花粉で有名なスギ花粉やヒノキ花粉は、高いところから花粉が降り注ぎます。そのため飛散距離も長く、遠くまで花粉が飛散します。
ヨモギやブタクサ、カナムグラなどの植物は、スギやヒノキに比べると低い位置にあるので花粉は遠くまで飛散することがありません。

ですからヨモギやブタクサ、カナムグラなどの生息場所に近づかなければ、花粉症の症状が出にくくなります。
ただ、ヨモギやブタクサ、カナムグラは人の生活圏内に生息しているので、外出した際に遭遇することが多くあります。
河川敷や公園にも多いので、ウォーキングやジョギングを日課にしていたり、犬の散歩をするといった人は花粉が体の中に入り込みやすくなります。
そういった場合には、ウォーキングやジョギングの場所を変更したり、マスクなどの対策をしてから出かけるのがおすすめです。

おすすめ記事

  1. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. 季節によって変わる花粉症の症状
ページ上部へ戻る