1. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  2. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  3. 季節によって変わる花粉症の症状
閉じる

アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状

風邪を引いたわけでもないのにくしゃみや鼻づまり・鼻水などの症状がひっきりなしに続く、目がかゆかったり充血したり涙が出る、粘膜が乾燥して喉が痛んだり咳が酷い場合は「アレルギー性鼻炎」と診断されます。

アレルギー性鼻炎は主に「通年性」と「季節性」に分かれます。
通年性の原因は室内における衣服や繊維製品から発するほこりや、畳やカーペットに潜むダニなどが原因である「ハウスダスト」が挙げられます。
「季節性」は今回のテーマである花粉症が挙げられます。
通年病と称される花粉症ですが、春・秋や夏はそれぞれ別の植物によってアレルギー反応が出るため、アレルギー性鼻炎の種類分けにおいては季節性に区分されています。

アレルギー性鼻炎で見られる諸症状は全て、身体に異物が入らないようにするための防衛システム・「生体防御反応」による働きで起こる現象です。
人体は自分自身の細胞・組織以外のものを排除して、生体に危害を加える物体から身を守る能力が備わっています。
この働きを担う細胞としては、好中球・単球(マクロファージ)・リンパ球などが代表的なものとして挙げられます。

異物でありアレルギーを起こす原因物質であるハウスダストや花粉を「アレルゲン」と呼びます。
アレルゲン(異物)が吸気によって人体に侵入して鼻の粘膜や喉の粘膜に付着すると、ただちに「特異的防御機構」が働き、リンパ球がこれらアレルゲンを身体から追い出そうとします。
その現象が花粉症の症状で一般的な「くしゃみや鼻水、涙」などの症状です。
ちなみに風邪の場合は「非特異的防御機構」が働き、好中球・単球が異物(細菌・病原体)を追い出そうとします。

アレルギー性鼻炎の代表的な症状としては、1日に何度も繰り返すくしゃみ・水のようにサラサラと流れる鼻水、そして鼻づまりが挙げられます。
こういった症状は鼻の粘膜に存在している「肥満細胞」からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンという「化学伝達物質」が放出されることにより引き起こされます。
ヒスタミンは鼻の神経を刺激してくしゃみ・鼻水を引き起こし、ロイコトリエン・トロンボキサンは血管を刺激して鼻づまりを引き起こす原因になると考えられています。

症状の軽減や治療を行うには専門医による検査が必要となります。
鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球検査によってアレルギー性鼻炎だと判断されたら、皮膚テスト・血清特異的IgE抗体検査・鼻粘膜誘発検査へと移行して症状を引き起こすアレルゲンの特定します。
検査の結果が医師から伝えられる際、ハウスダストや花粉にどれだけ反応するかを数値化した書類を提示されます。
花粉に関しても、スギやイネ科・キク科など植物もいくつかの種類に分けて数値化されているため、春に受けても秋の植物は分からないということはなく一度受ければ全てのアレルゲンが分かるようになっています。

さらに問診によって症状が始まった時期や季節との関連性、症状の種類や過去の病歴、そして他のアレルギー性の病気の併発の有無などと照らし合わせながら検査を重ね、最終的に通年性と季節性のどちらでどれが本人にとってのアレルゲンかを特定します。

アレルゲンが特定できれば、日常生活の中で体内に入るアレルゲンの量を減らすことができ症状の回避が容易になります。
手術によって根本を断つ方法もありますが、ほとんどのアレルギー性鼻炎患者はアレルゲンの体内侵入の阻止という形で解消・改善を図ります。

アレルゲンによって対処法が異なります。
ハウスダストが原因の場合、ほとんどが室内ダニであるため室内を清潔な環境に保つことが最適な予防方法となります。
週2回以上の頻度で室内を清掃することに加えて、清掃時は吸入したダニを再度まき散らさないために排気循環式の掃除機を使用するのがポイントです。
ソファやカーペットなどの敷物や畳はダニが生息しやすいためなるべく避けて、フローリングにするのがベターです。

花粉が原因の場合、花粉情報をチェックして飛散の多い時期は外出をなるべく控えることが対策となります。
外気をシャットダウンするために窓や戸をきちんと閉めること、帰宅時は入出前に髪や衣服から花粉を払い落とします。
外出時は花粉防御用のマスク・眼鏡を使用します。

おすすめ記事

  1. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. 季節によって変わる花粉症の症状
ページ上部へ戻る