1. 季節によって変わる花粉症の症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
閉じる

アレグラの効果と副作用について

花粉症は花粉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー性疾患のことで鼻水、鼻づまり、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の他、目のかゆみや充血といったアレルギー性結膜炎、皮膚のかゆみといった症状が現れます。
アレルギーで発生した湿疹に効く薬もいくつか効果の期待できものが販売されています。
特にそんな花粉症の治療にはアレグラという薬がよく使用されます。アレグラは抗ヒスタミン薬という種類の薬です。
その名の通り、体内でヒスタミンの働きを抑制することによって抗アレルギー効果を発揮する薬です。
花粉が体内に侵入してくると、体内の肥満細胞という細胞にその花粉が捕捉されます。
すると肥満細胞は花粉をアレルゲンであると認識し、アレルギー反応を引き起こします。
この際に肥満細胞は細胞内から細胞外へヒスタミンを大量に放出します。このヒスタミンが体に作用することによってアレルギー症状が出現します。

しかし、このヒスタミンはH1受容体というヒスタミンの受け皿のようなものと結合しなければ体に作用することができません。
ヒスタミンのH1受容体への結合を妨げるのがアレグラの有効成分であるフェキソフェナジンです。
フェキソフェナジンはH1受容体と結合し、蓋をするような形になります。
これによってヒスタミンはH1受容体と結合することができなくなってしまいます。
すると当然ヒスタミンの作用が現れないためアレルギー症状を改善する効果が得られるのです。
また、花粉が体内に入ってくる以前にアレグラを服用することで花粉症の予防的な効果も得られます。

アレグラと同様の作用機序で働く抗ヒスタミン薬は他にも沢山の種類が存在しますが、アレグラはその中でも最も使用頻度の高い薬です。
その理由は抗ヒスタミン薬の服用で起こる特徴的な副作用である眠気が起こりにくいためです。
アレグラの有効成分であるフェキソフェナジンは脳内へと移行しにくく設計されています。
この影響で脳内で覚醒維持のために働くヒスタミンの働きを抑制することはありません。このため眠気の副作用を軽減することができるのです。

アレグラの効果はどれほど持続する?

アレグラは通常1日2回服用するタイプの薬です。
そのため花粉症で起こる鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎症状、目のかゆみ、充血などの結膜炎症状、皮膚のかゆみ、湿疹などの皮膚症状を改善し予防する効果の持続時間は半日程度考えられます。

ただ、個々の薬の感受性、花粉の飛散量などの環境的要因、現在のアレルギー症状の有無によって実感する効果の持続時間は異なってきます。
例えば、花粉症の症状がまだ現れておらず、予防的にアレグラを服用している方の場合には、鼻粘膜や目にアレルギー反応が起こっておらず、その影響でアレルゲンに対する感受性が低い状態になっています。
こういった場合には多少のアレルゲンと接触してもアレルギー反応はほぼ起こりません。
この場合はアレグラを1日1回服用するだけでも1日中アレグラの効果を実感できます。

一方、花粉の飛散量が多く、すでに花粉症の症状が現れている状態の時には鼻粘膜の肥厚など変化が見られ、アレルゲンに対する感受性が高まった状態になっています。
こういった場合にはアレグラを1日1回服用するだけでは1日中効果は実感できません。1日2回アレグラを服用しなければなりません。

ちなみに、アレグラの血液中の濃度が半分になるのにかかる時間は健康な方で9時間から10時間程度です。
もしアレグラよりも花粉症の症状を抑える効果の持続時間が長いものを使用したい場合には、この血液中の濃度が半分になるのにかかる時間、つまり半減期が参考になります。
また、1日2回タイプの抗ヒスタミン薬ではなく1日1回タイプの抗ヒスタミン薬の方が半減期が長く効果が持続しやすい傾向にあります。
なかなか1日に複数回服用することが難しい場合には1日1回タイプの抗ヒスタミン薬を選択するといいでしょう。

おすすめ記事

  1. アレルギー性鼻炎の症状の基本的な症状
  2. 秋の花粉症か見分けるチェックポイント
  3. 季節によって変わる花粉症の症状
ページ上部へ戻る